会社設立の際必見!良い会計事務所とは

会社設立をすると自分ひとりでは大変なことも多くいろいろと代行をお願いすることもおおいかと思います。
会社設立を代行してもらう、毎月の会計作業を代行してもらう、決算前のみアドバイスをもらう、などいろいろな方法がありますが、会計事務所に確認うべき項目についてまとめてみました。

会計事務所と月額契約を締結前に確認する点

  • 自社でどこまで処理する必要があるのか、対応してくれる範囲の確認。
  • 基本的なことだから大丈夫だろうと思わず、任せる内容についての守秘義務の確認。
  • 月額料金は固定なのか、内容によりアップすることはあるのかを確認。
  • 渡した会計書類の処理や税金の処理だけではなく、改善点や注意点、アドバイスなどがあれば積極的に行ってもらえるかの確認

おすすめの会計事務所とは

経理は広く深く会社の経営に関わるため、一見計算や役所への提出だけかと言えば違います。
社員の保険や年金についての知識もある事務所だと、間違ってる時に見逃さず指摘してもらえる場合も。このアドバイスが出来ない税理士事務所で、任せている企業側にも知識があまり無い場合、誤った処理のままになってしまい後日の訂正が大変になるからです。

社員から毎月預かる保険料は変動があるのですが、知識がなく確認を怠った経理担当が毎月同じ金額のまま税理士へ申告していた例がありました。

また受け取った税理士も特に指摘することなく処理して、後日訂正が必要となった時には今更社員に差額をまとめて払わせる訳にも行かず、また誤った会社の責任として企業が全額負担しました。

社員からの信頼も損ねる上、決して小さな額ではないので、誠実かつ的確なアドバイスが貰える事務所か確認をした方が良いと思います。