ビジネスフォンの導入は

新規に会社を立ち上げたり、事務所を新設したりする時には、ビジネスフォンの導入も必要になるかもしれません。
家庭用の電話機でも子機2台ぐらいまでなら対応できるのですが、オフィスで使用する場合とても足りません。
外線も複数必要になるためビジネスフォンは必須となるでしょう。
高額な費用が必要になるビジネスフォンはローンの利用も検討しましょう。

ビジネスフォンの導入にはなぜ高額な費用が掛かるのでしょうか。
家庭用の電話機は購入した電話機のジャックを回線につなげばいいだけですが、ビジネスフォンには特殊な工事が必要になります。
まずビジネスフォンには主装置と呼ばれる制御システムが必要になります。
この制御システムが複数の端末を取りまとめ、複数の外線、外線と内線、内線同士を共有したり制御したりする役割を持っているのです。
この主装置と専用電話機の組み合わせが、ビジネスフォンの仕組みとなっているため、工事費も含め費用が高額となってしまうのです。